キリシタン大名/町人出身のキリシタン武将

今日は千代田図書館長から読書日記が届きましたので

ご紹介します。

 

**************************

NHKラジオ第一で毎週土曜の朝に放送されている

「ラジオあさいちばん」で、今話題の本の著者に話を聞く

コーナー「著者に聞きたい本のツボ」から1冊。

 

ゲストで呼ばれていた加賀乙彦さんに興味がわき、

まず手に取った著書がこれ。

 

『高山右近』

著者:加賀乙彦

出版社:講談社(1999年)

参考価格:¥1,900+税

ISBN:4-06-209831-8

 


歴史上の人物、高山右近については、以下の程度の人物事典的な

知識は私にはあった。 

  

「キリシタン大名」と呼ばれている。

天正15年(1585)秀吉の伴天連追放令で、忠勤か信仰かの

選択を迫られ、断固として信仰を選び除封された。

加賀前田家家臣となる。

その後、家康の禁教令によりマニラに追放される。

難儀の末到着したが、その地で64歳の生涯を終えた。  

 

キリシタン信仰を持っていることが、

迫害を受ける理由になった歴史上の人物で

「南海の美少年」天草四郎、

「歴史に翻弄された悲劇の女性」細川ガラシャなどに比べ、

この人の伝記は少ないと言われている。

  

作家加賀乙彦は、史実に添いながら縦横無尽に高山右近を動かし、

「伝記小説」を創り出した。

自身もキリスト教信者であり、精神科医でもある作家のペンで

創出された高山右近は、読む者の身に迫って、私は圧倒された。

 

①今でいえば、職場で意見の合わない同僚との

「大人の付き合い」の喜怒哀楽

 

②仏教における極楽浄土と、キリスト教における天国の

 意味の微妙な違い

 

③信者でない者がキリスト教の教義について抱く素朴な

 疑問について、登場人物をして適切に語らせている

 

 

など、この小説から示唆されるものは多くあった。 

図書館に勤務しているものとして心に止まった事が一つ。

 

追放されマニラに向かう船が時化にあい、積み込んでいた書物が

汚水にまみれた。

しかし、高山右近はぜひともまた読める状態にしようと決意し、

その再生作業を始めた。

作業を手伝う彼の幼い孫たちに、書物を中にして、

昔の思い出などをかたる・・・。

 

年上の者から年下の者へ経験・知識を伝えていく場面である。

 

  

キリシタンつながりで、もう1冊。

 

同時代のキリシタン武将・小西行長の場合、

結局、高山右近になれなかった人・・・と言われる事がある。

そこに逆に親近性があるともいわれる。

町人(堺)出身のキリシタン武将の生涯は

また別の信仰生活があるのだろう。

 

『鉄の首枷 小西行長伝』

著者:遠藤周作

出版社:中公文庫(1979年)

≪絶版≫

※中公文庫ワイド版で2005年に出版されています。

 


※文庫本カバーより・・・ 

戦国の過酷な権力者太閤秀吉の下で、世俗的栄達の野望と

信仰に引き裂かれ、無謀な朝鮮への侵略戦争では密かな

和平工作を重ねたキリシタン武将小西行長の面従腹背の人生を

克明に描く著者会心の傑作。 

 

 

 

 

Posted at:18:55

レポート:読み聞かせスキルアップ講座①

2/20(土)第1回「読み聞かせスキルアップ講座」が

千代田図書館で開催されました。参加者は18名。

講師は、世界を舞台にご活躍されている、

ストーリーテラーの櫻井美紀さんです。

 

 ★櫻井先生のHPはこちら

 

4回連続講座の初回となる今回は、

参加者の皆さんがふだんの活動(幼稚園で読み聞かせを

している等)について自己紹介をし、

櫻井先生からは、ご自身の子育て経験談を交えながら、

幼い子ども向けの本の紹介がありました。

 

 

*・*・*・*・*・内容の一部をご紹介・*・*・*・*・*

 

 図書館などで行う「読み聞かせ」は、

  こんな風に絵を見せながら行いますが

  

 

  赤ちゃんの頃から、家庭で大人が本を読む「本読み」は

  こんな風にふつうに本を手にとって読むのを見せたり聞かせたり、

  

 

  お子さんと一緒にごろんと寝っころがって読んだり。

 

  「本読み」で大切なのは、

  大人が子どもを愛しているという愛情表現をすること。

 

  忙しい生活の中で子どもにあたってしまうことがあったとしても、

  本を読むときだけは、

  愛情を感じさせるような優しい声で読んであげることです。

 

これは、ご自身のゆとりや癒しにもつながりそうですね。 

また、幼いお子さんには、音楽的なリズムやメロディで

お子さんが安心して聞けるように読むといいそうです。

 

 新しく本を買ったりもらったりしたら、

   まず本の真ん中をこうやってしっかり開かせることで、

  「読み聞かせ」も「本読み」も、やりやすくなりますよ。

  

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

こうやって本の真ん中を折っている姿をいつも見ていたからか、

櫻井先生のご長男も、本を渡すと、この「本折り」を

幼いながらに自然とやるようになったそうです。

本当に、子は親を見て育つんですね!

 

櫻井先生のライフワークである「語り」についても

興味深いおはなしがありました。

 

「語り」とは、伝えたい真実をつかまえて、

自分のことば、生きたことば、「音声」のことばで伝えること。

 

つまり、字にこだわらない、という点で「読み聞かせ」と大きく異なります。

 

象形文字、楔形文字など、文字の現れは約5千年前と言われています。

それまでずっと何万年も、人間は音声言語のみを使っていたのですね。

 

「語り」の一例として、ジプシーの昔話『太陽の木の枝』から

ほんの少し「語り」を聞かせてくださったのですが、

一瞬にして物語の世界に引き込まれ、もっと聞かせて!

という気持ちになりました。

 

今回紹介された本については、

これから少しずつご紹介していきますので、お楽しみに。

Posted at:17:25

2/20(土)都立多摩図書館 映画フェスティバル

立川にある東京都立多摩図書館は、

一般雑誌から学術雑誌まで約16,000誌が揃う「東京マガジンバンク」や

雑誌の創刊号だけ約3,000誌を揃えた「創刊号コレクション」が特徴的な

誰でも無料で利用できる図書館です。

 

  

  (写真:東京マガジンバンク)

 

明日、2/20(土)は

「映画好き集まれ! 映画ってスバラシイ!」と題して、

映画関連雑誌が一挙に公開展示されるほか、映画の上映会、

16mmフィルム映写機の操作体験などが行われます。

 

★多摩図書館映画フェスティバル

 「映画好き集まれ! 映画ってスバラシイ!」

 日時 2月20日(土) 10:00~17:00(開場9:30)

 場所 東京都多摩教育センター ホール ※1Fが多摩図書館です

 定員 800名 入場無料、事前申込み不要

 詳細はこちら

 

映画好きの方だけでなく、雑誌好きの方にもおすすめします。

Posted at:15:50

古本浪漫洲「女もときめく小悪魔たち」

今週から新宿サブナードで、複数書店が参加しての

古本販売イベントが開催されています。

 

★第12回 はんばいいべんと・古本浪漫洲 「女もときめく小悪魔たち」

 

 

 

 期間 開催中~3/15(月)まで

 場所 新宿サブナード2丁目広場

 時間 10:00~21:00

 主催 金井書店

 詳細はこちら

 

 ・モダンガールとハイカラ娘

  (魅力的な女性が登場する明治から昭和初期の文学)

 ・おしゃれの教科書

  (ファッション(洋服・着物・化粧等)関連の女性誌など)

 ・憧れの銀幕スタア

  (映画パンフレット、ポスター、映画雑誌など)

 ・絵本の中の女の子

  (女の子の登場する絵本、児童文学)

 ・旅する乙女

  (鉄道、旅、カメラやグルメなど趣味の本)

 

・・・などのテーマで、5、6日ごとに参加書店が交代して

開催されています。

女性の皆さん、お仕事帰りや買い物ついでに、

ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

Posted at:18:00

2/27(土)28(日) JRAC(ジャラック)本まつり in じんぼう

 

「本を楽しむ」をキーワードに、千代田区の4つの地点

を結ぶイベントが開催されます。

盛りだくさんの内容で大人も子どもも楽しめます♪

 

  

 

≪2/27(土)の内容≫

【第1会場=千代田区役所】 ※会場はこちら

1F/区民ホール

  ★絵本作家・山口マオさんの版画ワークショップ

    13~14時 親子15組30名 (要・事前申込)

  ★山口マオさんのトークショー

    14~15時 定員100名 (要・事前申込)

  ★よりみち広場

    11~16時 点字絵本コーナー、読み聞かせ、語り、

    ブックトーク、紙芝居、一箱古本市など・・・参加自由!

 

9F/千代田図書館

  ★岡崎武志さんの古本道場

    11~12時 参加自由

  ★岡崎武志さんの神保町古書店街ツアー

    12~15時 参加自由

  ★図書館コンシェルジュによる図書館ガイドツアー

    10:30~/12:30~/15:00~(約30分)各回先着10名様まで

  ★全国ミニコミ誌の展示

 

≪2/28(日)の内容≫

【第2会場=ブックハウス神保町】 ※会場はこちら

  ★JPIC読書アドバイザーによるおはなし会

   11~16時 出入り自由

 

【第3会場=飯田橋ラムラ 1F 区境ホール】 ※会場はこちら

  ★おはなし会

   13~15時 出入り自由

   ゲスト:もとしたいづみさん(絵本作家)

 

【第4会場=岩波セミナールーム】 ※会場はこちら

  ★トークセッション「本をめぐる冒険 ~本のある風景をつくる~」

   13時30分~15時 定員100名(要・事前申込)

   ゲスト:幅允孝さん(ブックディレクター)

   聞き手:永江朗さん(フリーライター)

 

≪申込方法≫

①参加希望催事

A.山口マオ・ワークショップ、B.山口マオ・トークショー、C.トークセッション

②代表者の名前

③住所

④電話・FAX番号

*参加者全員の名前を記入の上、FAXまたはメールでの申込み。

 定員を超過した場合のみ連絡あり。

 

≪申込先≫

メール (jrac@jpic.or.jp) FAX (03-5211-7285)

※締切 2月20日(土)必着

 

≪問合せ≫

TEL (090-8115-8873) 

※イベント専用2/28まで、平日13~19時

 

Posted at:18:05

としょかんのこしょてん「河鍋暁斎の弟子の旧蔵資料」

千代田図書館9Fには、神田古書店連盟との連携展示・

出張古書店コーナー「としょかんのこしょてん」があります。

 

2月の展示内容は、幕末明治の日本画家・河鍋暁斎

[かわなべきょうさい]の弟子の一人だった青々暁春

[せいせいぎょうしゅん]の旧蔵資料。(一括で¥700,000‐也!)

 

 ★展示詳細はこちら としょかんのこしょてん vol.33

 

本や古書等に興味がなくとも、デッサンをされる方などは

じっと見入ってしまうような展示内容になっています。

 

  

 ≪写真≫模写画帖「日光山図譜」/猿の表情がりりしいです。

 

 

さて、今回の展示を担当された古書店・玊睛[きゅうせい]さんは

実店舗は構えておらず、即売展などに出品しています。

先日は、東京古書会館で行われた「和洋会古書展」に出されて

いました。

 

  

  ≪写真≫先週金・土曜に行われた「和洋会古書展」 の様子

 

  

  ≪写真≫棚の整理をしているのが、玊睛の店主・堀口さん

 

ちなみに堀口さんは、元々は趣味で神保町に通いつめ、

趣味本などを買い集めていた方なのだそうですよ。

 

 ★玊睛さんの詳細はこちら BOOKTOWNじんぼう

 

次回の「和洋会古書展」にも出品されるそうです。

 

 ★次回の「和洋会古書展」

 日程 4月2日(金)3日(土) 場所 東京古書会館

 和本・洋本・稀書・珍籍など書籍のほか、映画のパンフレット、

 古地図、絵葉書など紙に刷られたものなら何でも! あるようです。

 『散歩の達人』バックナンバーなど、最近の雑誌・書籍なども見かけました。

 ※誰でも入場可、同じフロアにあるレジで購入できます。(目録掲載品を除く) 

 

「としょかんのこしょてん」をご覧の際は、

ぜひ館内のコンシェルジュなどに感想をお聞かせくださいね!

Posted at:15:00

残り5日! MOE絵本フェスティバル

 

月刊誌『MOE[モエ]』は、人気の絵本やキャラクターの

記事を中心に、かわいいもの・美しいもの・感動できるもの

の情報を発信している白泉社発行の雑誌です。

 

前身誌『絵本とおはなし』時代を含め、

昨年秋に創刊30周年を迎えたことを記念して、

こちらも40周年を迎えたPARCO[パルコ]にて

記念原画展が開催されています。

 

★詳細はこちら www.moe-web.jp/moefes/

 

会場は、渋谷パルコ・パート1の6Fと地下1Fの2箇所。

 

第1会場(6F)には、人気作家たちの絵本の原画や、

MOEのために描きおろされた貴重な原画等が展示されています。

 

第2会場(地下1F)は、書店の奥にあり、入場無料。

絵本やグッズの物販だけではなく、

加藤久仁生さん『つみきのいえ』のラフスケッチや

絵本の物語のイメージからカバンを作るバッグ・アーティスト

kabott[カボット]さんの「絵本みたいなバッグ」現物などが

展示されており、こちらも見逃せません!

 

会期も残すところあと5日です、

お時間のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

★【MOE絵本フェスティバル】★

 会期 開催中~2月8日(月)

 第1会場 パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1・6F)

       10:00~21:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は18時閉場)

       入場料 一般300円・学生200円・小学生以下無料

 

 第2会場 ロゴスギャラリー(渋谷パルコ パート1・地下1F)

       10:00~21:00(最終日は18時閉場)

       入場無料

Posted at:13:05

| TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP |