11/29から「世界のブックデザイン2013-14 feat.スイスのブックデザイン」展

 

文京区にある印刷博物館 P&Pギャラリーで、11月29日(土)から

「世界のブックデザイン2013-14  feat.スイスのブックデザイン」展

開催されます。

 

141105-1.jpg

 

今年3月にドイツ・ライプツィヒで開催された

「世界で最も美しい本コンクール2014では、

昨年に引き続き日本の本が入賞を果たしました。

そのコンクールでの受賞作をはじめ

日本ドイツスイスオランダオーストリア中国

今年が初めての紹介となるイランを加えた7か国の

優れたデザインの書籍およそ160が展示されます。

 

本のデザイン、造本、印刷、タイポグラフィなどの

総合的な美しさを評価された本が世界中から集まるこの展覧会。

13回目を数える今回も、展示されている本は

手に取ってじっくりと鑑賞することができます。

図書館や書店とはひと味違った本との出会いが楽しめますね!

(少部数等の理由で入手不可能な本があるため、入選作すべての展示ではありません)

 

また、「日本・スイス国交樹立150周年」にあたる今年は

〈スイスの最も美しい本コンクール〉受賞作に加え、

1950年代から現代にいたる、スイスのブックデザインの秀作

約40点が特別展示として紹介されます。

 

細部にまでこだわりをもって制作された

世界各国の本を手に取ることができる貴重な機会です。

ぜひ、足をお運びください♪

 

141105-2.jpg

↑昨年の様子。詳しくはコチラから

 

「世界のブックデザイン2013-14  feat.スイスのブックデザイン」展

 

【会 場】 印刷博物館 P&Pギャラリー

      (文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル内)

【時 間】 10:00~18:00

【期 間】 2014年11月29日(土)~2015年2月22日(日)

【休館日】 毎週月曜日(1月12日(月・祝)は開館)

      12月27日(土)~1月5日(月)、1月13日(火)

【入場料】 無料

 

(印刷博物館本展示場に入場の際は入場料が必要)

会期中、ブックデザイナーを招いてのトークショーや

製本のワークショップも企画されています。

(すべて事前申込制、ワークショップは抽選)

詳しくは→コチラ

Posted at:14:00

本と出会う読書サロン 第9期オープニングイベントを開催しました!

 

11月12日(水)、「本と出会う読書サロン」第9期の

スタートとして、新規メンバー募集をかねた

講演会「物語の世界に心ゆくまでひたる 選りすぐりの本たち」

を開催しました。                                          

 

講師は、児童文学評論家赤木かん子さんです。

 

141104-1.jpg

 

1984年に、子どもの頃に読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を

探し出す「本の探偵」としてデビュー以来、豊富な知識で

たくさんの児童文学を紹介してきた赤木さん。

今回は、5月に刊行した著書『今こそ読みたい児童文学100から

大人が読んでも面白い、知る人ぞ知る児童文学の本についてお話しいただきました。

 

141104-2.jpg

ちくまプリマー新書 214

『今こそ読みたい児童文学100』

赤木かん子/著 筑摩書房

 

「何か面白い本ない?」と聞かれて、

物語好きな大人が喜ぶ、どんどん読めて読後感がいい児童文学を

おすすめしたい!という気持ちがこの本を書くきっかけになったと赤木さん。

 

「本の名前だけ知っていたり、小さい頃読んだことがあるかも…という

 児童文学の名作もぜひまた読んでみてください。

“こんな話だったんだ!”と子どもの頃気付かなかった発見があるはず」

 

児童文学の成り立ちや時代ごとの移り変わりを

わかりやすく説明しながら、100冊を選んだ経緯をお話しくださいました。

 ユーモアあふれる語り口調で紹介される本の数々に

今すぐ「読んでみたい!」という気持ちが湧き起こります。

 

141104-3.jpg

「今は忘れられている本の中に、私たちを

ワクワクさせてくれるものがいっぱい眠っています」

 

熱心にメモを取りながらお話しを聞く参加者も多く、

講演会終了後、紹介された本を手に取り、

熱心に眺める皆さんの姿が印象的でした。

 

「赤木さんのお話しが面白く、本を選ぶ参考になった」

「今すぐ小説を読みたくなった」

「大人向けの児童文学という視点が面白かった」などの声を

いただくことができました。

 

赤木さん、ありがとうございました!

 

「本と出会う読書サロン」では、第9期メンバーの募集を行っています。

詳しくはコチラをご覧ください。

Posted at:15:00

今日から展示!「ビブリオバトルin神田古本まつり」で紹介された本

 

11月1日、神田古本まつりのイベントのひとつとして

神保町の東京古書会館「ビブリオバトルin神田古本まつり」が行われました。

 

お気に入りの本を5分で紹介し、最も「読みたくなった本」を

会場の投票で決める書評ゲーム・ビブリオバトル。

9月の三省堂書店神保町本店、10月の千代田図書館の予選を経て

決勝戦の会場となった東京古書会館は満員の大盛況となりました!

 

141103-1.jpg

 

第1ゲームは、「神保町で見つけた本」をテーマに

9月、10月の予選を勝ち抜いた4の皆さんによるバトルです。

 

141103-2.jpg  141103-3.jpg

 

141103-4.jpg  141103-5.jpg

紹介された本は以下の通り。(発表順)

『學術上より観たる怪談奇話』(田中香涯/著 大阪屋号書店)

『苦の世界』(宇野浩二/著 岩波書店)

『呪術意識と現代社会東京都二十三区民調査の社会学的分析』

(竹内郁郎、宇都宮京子/著 青弓社)

『残像に口紅を』(筒井康隆/著 中央公論社)

投票の結果、チャンプ本は『苦の世界』に決定!

 

141103-6.jpg

この本を紹介した伊東さん(右から2人目)。

的確に本の魅力を言い表したキャッチフレーズが

いくつも飛びだす5分間の紹介で、会場を惹き付けました! 

 

第2ゲームは、古書好きで知られる

神保町にゆかりの深い方々をお迎えしてのゲストバトル。

漫画家の喜国雅彦さん玉川重機さん、作家の北原尚彦さん

古本屋ツーリストの小山力也さんという豪華なゲストの皆さんに、

第1ゲームの勝者、伊東さんが加わります。

テーマは同じく「神保町で見つけた本」です。

ビブリオバトル参加が初めてのゲストもいる中、

第1ゲームに負けないディープな本の数々が紹介されました。

 

141103-7.jpg

 

第2ゲームの紹介本は以下の通り。(発表順)

『かもめのジョナサン』(リチャード・バック/著 新潮社)

『女主人(ドミナ)の鞍(サドル)』(天野哲夫/著 第三書館)

『同時代の作家たち』(広津和郎/著 岩波書店)

『剃刀日記』(石川桂郎/著 創元社)

『踊る幽霊船(台本)』(里吉しげみ/脚本 日劇)

 

投票の結果、こちらでもチャンプ本は

伊東さんの紹介した『同時代の作家たち』に!

第1ゲームと同じく、愛情たっぷりに小説への思いを語った伊東さん。

神田古書店連盟の佐古田会長より表彰状と賞品が贈られました。

 

この日のビブリオバトルと、2回の予選で紹介された

すべての本が、今日から千代田図書館9階の

出張古書店コーナー「としょかんのこしょてん」に展示されています!

 

141103-8.jpg  141103-9.jpg

 

予選の4ゲームに、東京古書会館での決勝戦、ゲストバトル

出場した全員の直筆おすすめコメント「神保町で見つけた本」に加え

ゲストバトルに参加いただいた皆さんの著書や装丁を手がけた本

作家直筆の漫画のネーム(絵コンテ)古本屋めぐりのマップまで…。

レアな展示物もありますのでぜひご覧ください!

 

としょかんのこしょてんVOL.71

「ビブリオバトルin神田古本まつり」で紹介された本

【会 期】 開催中~12月14日(日)

【場 所】 千代田図書館9階=出張古書店コーナー

【担 当】 神田古書店連盟

※展示物はすべて非売品です。

 

Posted at:14:00

秋の読書週間トークライブを行いました!

 

11月1日、秋の読書週間トークライブ

「パパ、会社をやめる~育児支援サービスをはじめた3人のパパたち~」

開催しました!                    

 

141102-1.jpg

 

ゲストにお迎えしたのは、パパになったことをきっかけに

会社員を辞め、それぞれが子どものためのサービスを提供する

ビジネスを始めた、3 人の起業家のみなさんです。

 

141102-2.jpg

(右から)

山中啓輔さん/外国語でのベビー&キッズシッターサービス

BirdyBabiesを展開する「SKIPP LLC.」代表

塚越暁さん/身近な自然、手や体を動かす体験を通しての

学びの場をつくる「子ども原っぱ大学」代表

川辺洋平さん/子ども・親子のために活動する大人を紹介する

WEB マガジン「OYAZINE」を運営する株式会社アール代表

 

3人とも30代前半のまだ若いパパたちです。

会場には、幅広い年代の方々にお集まりいただきましたが、

なかでも出演者の3人と同じ若いパパの姿が目立ちました。

 

それぞれの自己紹介の後、話はいきなり

「食えてますか?会社員時代に比べてどう?」という赤裸々なお金の話題に!

会社員をやめて起業を思い立ち、事業を軌道に乗せるまでの悩みや発見について

リラックスした雰囲気で話は進んでいきました。

 

会社をやめ、子育てに関わる職種を選んだ共通点のある3人。

印象的だったのは、口々に

「子育てをしている自分が喜ぶものを生み出したい」

「自分の子どもに受けさせたいサービスがなかったので、

 自分でできないかと思い立った」

と、育児の中での発見が仕事に強く結びつくと話していたことでした。

 

「会社をやめて、3日間は妻に言い出せなくて…。

 言ったら、案の定“取り消して!”と怒らせてしまった。

 それからは起業のことも段階を踏んで、話すようにしました」

「起業したら、カフェで仕事をするスタイルに憧れていたけど

 やってみるとコーヒーを飲み続けるのが辛くなっちゃって…。

 都心のコワーキングスペースや図書館をうまく活用しています」

など、ビジネス指南書にはきっと書かれていない、

等身大の起業のエピソードもお聞きすることができました。

 

141102-3.jpg  141102-4.jpg

 

141102-5.jpg

 

後半は、3人それぞれがおすすめする本についてのお話です。

「会社をやめたときに読んで励まされました」

「児童書でも、大人が読んで新しい発見が沢山あります」

「昔の絵本なんだけど、子どもに読んであげるとすごく喜びますよ」

…と、仕事にも子育てにも活かせる本を、自身のエピソードとともに

たっぷりご紹介いただきました♪

 

イベント中にご紹介した、おすすめ本のリストは

コチラからもご覧いただけます。(PDF:193KB)

 

参加された方からは、

「同世代の話で、これから育児をする自分たちにとって非常に興味深かった」

「本の紹介が楽しく、ためになった」

「若い人たちの、チャレンジする姿に感銘を受けた」との声をいただきました。

ご参加いただいた皆さん、出演者の皆さん、ありがとうございました!

Posted at:15:40

古書を楽しむ!図書館コンシェルジュと巡る神保町ツアー

 

12月6日(金)、読書振興センターでは

『古本屋ツアー・イン・神保町』編と題し、

神保町古書店街をテーマにコンシェルジュツアーを行います!

 

毎回ご好評いただいているコンシェルジュツアー。

12回目の今回は古本屋ツーリスト・小山力也さん

トークゲストとしてお招きします。

 

141101-1.jpg

大きな画像を見る(PDF:613KB)

 

小山さんは、日本全国の古本屋さんの調査踏破を目指すブログ

「古本屋ツアー・イン・ジャパン」管理人で、日々古書店を巡り、

その記録を発信しています。

この秋、前人未到の神保町古書店訪問の全記録

『古本屋ツアー・イン・神保町』(本の雑誌社)を出版したばかり。

古本屋めぐりの魅力や、新刊の裏側をたっぷりお話しいただきます。

 

141101-2.jpg

『古本屋ツアー・イン・神保町』

小山力也/著、本の雑誌社

 

その後は、いよいよツアーに出発です!

千代田図書館を出て、コンシェルジュと神保町界隈の古書店を歩いて巡ります。

ご紹介するのはどれも神保町を代表する個性豊かなお店ばかり。

人々を惹きつけてやまない古書の世界へみなさんをご案内します♪

 

現在、お申し込み受付中です。ぜひご参加ください!

 

 

図書館コンシェルジュと巡る神保町ツアー

『古本屋ツアー・イン・神保町』編

※定員に達しましたので、受付を終了しました。

 

【日にち】 2014年12月6日(土)

     (悪天候の場合は12月13日(土)に延期)

【時 間】 13:00~15:30(12:30開場)

【集合場所】千代田図書館10階 特設イベントスペース

【定 員】 20名(高校生以上)※事前申込制・先着順

【申 込】 お電話または千代田図書館10階カウンターにて直接

【参加費】 無料

 

コチラ(PDF:129KB)をお読みの上、ご同意いただいたうえで

 お申し込みください。

※当日は歩きやすく、あたたかい服装でご参加ください。

 

前回のコンシェルジュツアーの様子

141101-3.jpg  141101-4.jpg

Posted at:16:00

| TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP |