ふじみこども園の皆さんが千代田図書館へ遊びに来てくれました!

千代田図書館の千代田区読書振興センターでは

区立の小中学校や幼稚園・保育園などの教育関連施設へ

司書を派遣しています。

その派遣先のひとつ、ふじみこども園の皆さんが

千代田図書館へ遊びに来てくれました♪

 

ふじみこども園は、1年に2、5歳児が千代田図書館を訪れて

本に親しみ、図書館の使い方を学んでいます。

今回来てくれたのは、ふぁいと1組・2組の皆さんです。

 

ふじみこども園担当の司書が皆さんをお出迎え。

まずは、子ども室で絵本『あきいろおさんぽ』

(村上康成/作・絵 ひかりのくに)の読み聞かせです。

 

fujimi1.jpg

秋にぴったりの、たのしいお散歩のおはなしです♪

 

今年6月にも千代田図書館で、司書から

本の正しい持ちかた扱いかた本の借りかたを教わった皆さん。

「図書館には、今読んだ絵本以外にも、いろいろな種類の本があるよ」

今日は絵本やおはなしの本以外に、知りたいことを調べる本や

たくさんの言葉が載っている事典、おりがみなどのやり方が載っている本など

図書館にあるいろいろな本の種類について

本を見ながら、司書の話を聞きます。

 

fujimi2.jpg

こんなに大きい、恐竜の大きさがわかる本もありますよ!

 

次に秋らしいおはなしをもう一つ。

がまくんとかえるくんの本『ふたりはいつも』

(アーノルド・ローベル/作・絵 三木卓/訳 文化出版局)

から、「おちば」というおはなしです。

 

最後に、千代田図書館の本から一人一冊ずつ

自分が読みたい本を借りていきます。

 

fujimi3.jpg

 

本が決まったら、カウンターの司書のところへ。

時間をいっぱいに使って、じっくりと選ぶ子、

すぐに決めて、さっそく借りた本に熱中する子…。

みんなとても楽しそうに、思い思いに本を選んでいました。

 

千代田図書館の後は、本をもって北の丸公園へ行き

どんぐり拾いをして、ふじみこども園へ戻っていったそうです。

絵本やおはなしで聞いたような、ちいさな秋を発見できたかな?

 

ふじみこども園の皆さん、ぜひまた

千代田図書館へ本を借りに来てくださいね♪

 

 

Posted at:09:00

本と出会う読書サロン 第7期オープニングイベント
講演会「翻訳家は透明人間?」を開催しました!

11月19日(火)、「本と出会う読書サロン」第7期のスタートとして

新規メンバー募集をかねた講演会を開催しました。

 

講師は、幅広いジャンルの文芸翻訳で活躍中の

翻訳家 西田 佳子(にしだ・よしこ)さんです。

 

201311salon7-1.jpg

 

外国語の作品が、日本語に訳されて私たちの手元に届くまで

翻訳家はどんなことを考えながら、どんな仕事をしているのでしょうか。

今回は、私たちが知っているようで知らない翻訳家という仕事について

詳しくお話しいただきました。

 

201311salon7-2.jpg

 

講演の冒頭で「翻訳家には、英語の能力よりも日本語の能力のほうが

より求められるのではないでしょうか」とお話しされた西田さん。

なによりも、読みやすくて分かりやすい日本語を使うことを

第一に心がけているそうです。

そうすることで、翻訳作品を読んでいるということを読者が忘れるくらい

本の上では“透明人間”になりたいというのが西田さんの目標。

 

また、「翻訳は、読者に原文の意味が通じれば

それでいいというわけではありません」とも。

英文解釈のために訳す時と翻訳との大きな違いは

読者を楽しませる目的があるということだと、実際の英文を使いながら

説明してくださいました。

 

201311salon7-3.jpg

 「英語の文法通りなら、後ろから訳すのが一般的ですが

   登場人物の動きや物語に沿って、前から訳すのが翻訳の原則です。

   そうすることで、より読みやすくすっきりとした文になります」

 

この他にも、小学生向けや中高生向けの翻訳を

多く手がけてきた西田さんならではの、読みやすさを重視した

翻訳のテクニックや、外国文学が翻訳されて日本で出版されるまでのお話しを

ときには失敗談なども織り交ぜながら、楽しくお話しいただきました。

 

最後に、千代田区立図書館に所蔵している

西田さんの訳した本の一部を、一冊一冊取り上げながら

作品紹介翻訳時のエピソードをお聞きしました。

 

201311salon7-4.jpg

 

 「翻訳家になってよかったことは、自分が原書や英語の原稿を読んで

   日本の読者にこれを読んでほしい!と思った本を紹介する橋渡しになれること」

という言葉が印象的でした。

 

これからもさらに様々な作品の翻訳で活躍が期待される西田さん。

来月には、共訳の

『わたしはマララ:教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』

(マララ・ユスフザイ クリスティーナ・ラム/著

 金原瑞人 西田佳子/訳 学研マーケティング)が発売されます。

 

西田さん、ありがとうございました!

 

「本と出会う読書サロン」では、第7期メンバーの募集を行っています。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

Posted at:09:00

ツアー"珈琲と古書を愉しむ秋"編を開催しました!

11月9日(土)

「図書館コンシェルジュと巡る神保町ツアー“珈琲と古書を愉しむ秋”編」

を開催しました!

 

まずは前半、10階の特設イベントスペースで

今回の講師、“カネコーヒー”金子未歩さんが淹れてくださった

コーヒーを味わいながら、コーヒーにまつわる色々なお話をお聞きします。

 

tour1_201311.jpg  tour2_201311.jpg

千代田図書館が、今日だけは小さな喫茶店に変身!

コーヒーのいい香りが広がりました。

 

高校生の頃コーヒーの魅力に目覚めたという金子さん。

現在は、世界20か国の豆を選び抜いて、自家焙煎したコーヒーの販売

映画館・ギャラリーなどに出向いてはコーヒーを提供する出張喫茶で活躍中です。

そんな金子さんが「コーヒーを好きになるきっかけをくれた」のは

神田神保町だったそうです。

高校生、大学生の時代から今でも通い続ける思い出深いお店の数々や

神保町のカレー店、古書店でのアルバイトのエピソードも語っていただきました。

 

次に、コーヒーの淹れ方について。

フレンチプレスサイフォンハンドドリップの3つを

実演しながら、抽出と濾過の仕組みの違いや味の違い、

淹れ方のコツなどについてお話しいただきました。

 

tour3_201311.jpg

 

プロ並み、喫茶店並みとまではいかなくとも、自分好みの味に

淹れられるよう試行錯誤するのも、コーヒーの楽しみのひとつかもしれません。

参加した皆さんからも、家でコーヒーを淹れるときの質問が次々に出てきました。

 

最後にもう1杯ずつコーヒーを淹れていただきます。

今回、1杯目はコロンビアの豆、2杯目はエチオピアの豆と

味わいの違いが分かりやすい、2種類のコーヒーをご用意いただきました。

 

tour4_201311.jpg

コーヒーを丁寧に淹れる手元はやはり職人技。

 

 

休憩をはさみ、いよいよ神保町ツアーへ出発です!

 

tour5_201311.jpg

世界最大といわれる古書店街に加え、新刊書店や出版社も

数多く集まるこの町の歴史やトリビアなどを交えながら、

神保町を目指します。

 

今回はテーマにあわせ、料理にまつわる本やレシピ本など

飲食関連の分野の資料がとくに豊富な古書店

鳥海書房姉妹店と、高山本店に立ち寄り、店内を見せていただきました。

 

tour6_201311.jpg  tour7_201311.jpg

鳥海書房姉妹店では、江戸時代の料理本を

手に取って見ることができました!

このように、専門的な古書店が集まっているのも神保町の特徴のひとつです。

 

次に、前半のお話にも登場した、神保町に点在する

老舗の喫茶店の数々を巡っていきます。

 

tour8_201311.jpg  tour9_201311.jpg

路地裏に連なる、神保町の歴史を見守ってきた喫茶店の数々…。

昔から変わらない風景です。

 

本と街の案内所にたどり着いたら、今回のツアーは終了。

金子さん、立ち寄らせていただいた古書店の方々

そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

 

Posted at:09:00

「本と出会う読書サロン」第7期オープニングイベントを行います!

メンバー各自が、毎月異なるテーマに沿った本を紹介し合う

「本と出会う読書サロン」では、2013年12月~2014年3月に行う

第7期のメンバー募集を開始しました。

 

「本と出会う読書サロン」については、以前コチラの記事でもご紹介しました。

 

このたび、第7期のオープニングを記念して、

翻訳家 西田佳子(にしだ・よしこ)氏の講演会を開催します。

 

「読者に自分の存在を意識させず、いかに作品を楽しんでもらうかが

翻訳家の腕の見せ所。目指しているのは“透明人間”です」と語る西田氏。

これまでに幅広いジャンルの翻訳を手掛けてきた講師が、

文芸翻訳家という仕事のおもしろさと難しさをお話しします。

どなたでもお気軽にご参加いただける講演会ですので、

ぜひお立ち寄りください!

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

「本と出会う読書サロン」第7期オープニングイベント

講演「翻訳家は透明人間?」

salon7-1.jpg

大きな画像を見る(PDF:445KB)

 

【日 時】 11月19日(火)19:00~20:00(開場18:30)

【会 場】 千代田図書館9階=特設イベントスペース

【席 数】 40席(事前申込不要・当日先着順・立見可)

【入場料】 無料

【講 師】 西田佳子氏/翻訳家

西田佳子氏プロフィール

名古屋市生まれ。翻訳家。〈キンケイド警視〉シリーズなどの

一般向け小説のほか、『赤毛のアン』『小公子セドリック』

といった古典や、『ホートン・ミア館の怖い話』

『テラプト先生がいるから』などの中高生向け、小学生向けの

新訳も手がける。現在は『わたしはマララ』を翻訳中。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

「本と出会う読書サロン」第7

12月「ミステリー×クリスマス」 1月「純文学×正月」

2月「恋愛小説×寒」 3月「ファンタジー×ひな祭り」

といったテーマで行われます。

各回、このテーマの両方またはどちらかに合った本をお持ちください。

 

見学だけのご参加も可能ですので、まずはお気軽にメンバー登録から。

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

Posted at:09:00

今年も千代田の秋まつりのシーズン到来!

神田神保町から小川町の地区一帯がお祭り会場となる

千代田の秋まつりの季節が今年もやってきました!

今週末の三連休を前に、早くも盛り上がる神保町の様子をお届けします♪

 

10月26日(土)から開催中なのは、

東京の秋の風物詩・東京名物 神田古本まつりです。

靖国通りの歩道が古書店のワゴンで埋め尽くされる

青空掘り出し市は、一年に一度の古書100万冊の大バーゲンです。

 

この他にも、作家や著名人をお招きして、東京古書会館で

行われるトークショーや、和紙でブックカバーなどを作るワークショップ

じんぼうチャリティーオークションなど

本にまつわるイベントが目白押しで

本好き、古書好きにはたまらないお祭りです。

 

akimatsuri1.jpg

 

akimatsuri2.jpg

↑多くの人出で賑わう靖国通り。

お得な古書のワゴンがずらりと並びます。

 

akimatsuri3.jpg

↑靖国通りの中央あたりに位置する本と街の案内所。

 千代田図書館コンシェルジュも連日出張し、

 皆さまの古書探しをお手伝いしています♪

 

さらに、11月2日(土)~4日(月・祝)にかけては

すずらん通り、さくら通りでの神保町ブックフェスティバル

小川町での神田スポーツまつり2013が開催され、

街全体がお祭り会場になります。

 

akimatsuri4.jpg

 

神保町ブックフェスティバルは、新刊書店や出版社が

ワゴンセールを行う本の得々市飲食店の屋台に加え

バラエティ豊かな音楽イベント神保町花月のお笑いライブなど、

2つの商店街にまたがって楽しいイベントが盛りだくさん。

 

一方、神田スポーツまつり2013では、神田・小川町の

秋の恒例イベントとなった神田カレーグランプリが開催されます。

今年はどのお店がグランプリを獲得するのでしょうか?

もちろん、スポーツ用品のワゴンセール抽選会も行われます。

 

どちらにも、会場の各所で行われる子ども向けイベントも充実しており、

家族そろって楽しめそうですね♪

 

akimatsuri5.jpg

 

三連休は神保町や小川町で、楽しいお祭りめぐりはいかがでしょうか?

お友達やご家族みんなで、ぜひお出かけください♪

街歩きに便利なマップやお祭りのパンフレットを

千代田図書館9階のコンシェルジュブースでも配布しています。

 

 

Posted at:09:00

| TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP | | TOP |